Y's掲示板

3481
名前
件名
メッセージ
画像
メールアドレス
URL
編集/削除キー (半角英数字のみで4~8文字)
プレビューする (投稿前に、内容をプレビューして確認できます)

北海道でハエトリソウ、サラセニアの屋外越冬に成功しました。 - カメ

2019/06/14 (Fri) 22:01:33

狙ってやった訳でわなく、夏に畑の隅にてトロ箱て栽培していたものを回収し忘れただけなのですがなんと生きており捕虫葉を展開しておりました、ハエトリソウはいわゆる大型強健種に赤フラバなのですが発見した飛び上がりそうでしたよ。

まさか北海道で⁉️積雪が2メーターくらいあるエリアなのがよかったのか?比較的暖冬だったためか?来冬は色々な品種でトライしてみようかと思います。

Re: 北海道でハエトリソウ、サラセニアの屋外越冬に成功しました。 - ゆう

2019/06/15 (Sat) 00:48:05

初めまして。
北海道は暖冬でもかなり寒い印象ですがハエトリソウは大丈夫なのですね。

温帯高山ドロセラの話になりますが、温帯高山ドロセラは自生地では冬に雪で埋もれて休眠しています。外気温は-10度とかになりますが、おそらく雪に保護されていると思われます。(雪の中は環境が安定するらしい)
そちらでも積雪があったとのことなので、もしかしたら雪で保護されたかもしれませんね。

Re: Re: 北海道でハエトリソウ、サラセニアの屋外越冬に成功しました。 - カメ

2019/06/15 (Sat) 08:42:32

はじめまして。

外気温は-15℃はいくのですが、雪下は暖かいのでしょうか?雪下ニンジンや雪下キャベツのように糖度を上げてという訳でもないでしょうに単にそこまで温度が下がらないだけなのでしょうか?いずれにせよ今まで北海道だと冬場はどうしても室内保管でしたので、屋外越冬が可能ならばものすごい画期的何じゃないかと感じております。

Re: Re: Re: 北海道でハエトリソウ、サラセニアの屋外越冬に成功しました。 - ゆう

2019/06/15 (Sat) 13:14:56

前に何かのテレビで見たのですが、雪国では冬に作物が痛まないように雪の中で貯蔵するそうです。
雪の中は温度は0度前後に保たれるそうです。
暖かいというよりは、外気と遮断されるため外気の影響を受けにくいようですね。

-15度だと普通はハエトリソウは激しい凍結を起こして枯れますが、そちらの株は元気との事なので雪に保護されていた可能性は高いと思います。

Re: 北海道でハエトリソウ、サラセニアの屋外越冬に成功しました。 - 藻岩山

2019/06/15 (Sat) 21:19:21

>カメ様

私も以前、何種類かの食虫植物を発泡スチロールに入れた上で、
同じく北海道で外の物置に一冬の間入れてみて、
翌春以降にどうなったのかを確認してみたことがあります。
種類としましては、サラセニアの赤フラバ、レウコフィラ、オレオフィラ、
ドロセラアングリカ、ハエトリソウあたりで確認してみました。

冬季に中を開けて時折確認してみたところ、
用土はカチカチに凍って、植物の表面は霜で真っ白に覆われている状態でした。
翌春の結果として、DアングリカやSオレオフォラは、
自生地の環境から寒さへの適応が十分なされているためか、
全く問題なかったので、
翌年以降は同様に物置での越冬させている状況ですが、
その他の種類は、物置では耐えられない寒さだったのか、
中心部からバラバラに腐って枯死してしまった状態でした。

私のところでは、
ハエトリソウと赤フラバの外での越冬は大失敗してしまいましたが、
カメ様のハエトリソウと赤フラバは無事だったとのことで、
ゆう様のおっしゃる通り、
やはり分厚い雪でかなり防寒されたことが、
生存要因として大きいのかも知れません。

Re: Re: 北海道でハエトリソウ、サラセニアの屋外越冬に成功しました。 - カメ

2019/06/15 (Sat) 21:32:12

オレオフィラが大丈夫たったんですか!こちらは穂別でハエトリソウはg16.darwin.la grosse a guiguiの三種でした。
物置越冬は以前試したことがあるのですが放置しすぎて冬の間にドライアウトさせてしまいました。

Re: 北海道でハエトリソウ、サラセニアの屋外越冬に成功しました。 - 藻岩山

2019/06/15 (Sat) 23:24:01

>カメ様
オレオフィラについては、
幾つかの異なる血筋のものを試しましたが、
オレオフィラ以外の血が混じっていない純血系と思われるものは、
全てダメージなく越冬でき、冬季に凍っても春先には順調に生育できました。
(ただ、多種との混血疑惑のあるものは、やや凍結の障害を受けていました。)

冬季は蓋つき発泡スチロール(乾燥防止と多少の断熱のため)の中に入れて、
物置に入れておけば凍っても簡単に越冬できることや、
ここ数年続いている寒い春にもあまり動じないので、
オレオフィラは個人的には、
北海道で育てるのがかなりラクな種類なのではないかなと思えます。
山地性のようなので、元々耐寒性が結構強いのかなという感じがします。

Re: 北海道でハエトリソウ、サラセニアの屋外越冬に成功しました。 - ゆう

2019/06/16 (Sun) 00:07:51

オレオフィラは高山性のようですね。
温帯の高山はかなり気温が下がります。アメリカであれば北に行けば行くほど下がります。
北海道では他に北欧原産のプルプレア subsp プルプレアが行けそうですね。
あとD.anglicaは寒冷地性に分類されるので寒さには強いかと思います。

Re: Re: 北海道でハエトリソウ、サラセニアの屋外越冬に成功しました。 - ゆう

2019/06/16 (Sun) 00:13:31

あと藻岩山様の状況を考えると、北海道では発泡スチロール1個じゃ足りないと言うことですね。
発泡スチロールの上から毛布をかけるとかすればいけるかもしれません。

やはり2mの積雪はほとんど外気の影響を受けないようです。

Re: 北海道でハエトリソウ、サラセニアの屋外越冬に成功しました。 - 藻岩山

2019/06/16 (Sun) 00:36:50

>ゆう様
プルプルは、
カナダ付近まで分布していると聞いたことがあるので、
北方系原産のものは凍っても平気なのかも知れません。

あと、あまり自信がないおぼろげな記憶ですが、
相当昔読んだ相当に古い本(ガーデンライフか何か?)で、
プルプレアを北海道で戸外越冬させたという記事を、
読んだような気がしないでもないです。
かなり古い記憶なので、
ただの記憶違いの可能性もありますが…

Re: Re: 北海道でハエトリソウ、サラセニアの屋外越冬に成功しました。 - ゆう

2019/06/17 (Mon) 14:11:50

サラセニア全般は激しくなければ凍結は大丈夫ですが、カナダ付近のプルプレア プルプレアであればさらに凍結に強いかもですね。
しかし北米も地域によっては雪で覆われていますので、プルプレアは北海道ではそちらのハエトリソウと同じように雪に保護して貰えば可能ではないでしょうか?

Nepenthes villosa ネペンテス ヴィローサ - 藻岩山

2019/03/30 (Sat) 20:01:31

水槽に入れて育てているNepenthes villosaです。

Re: Nepenthes villosa ネペンテス ヴィローサ - 藻岩山

2019/03/30 (Sat) 20:03:01

三角コーナーの鉢の中に小さなポケットを作って、
夏場は、鉢の中にRO水の氷を冷凍庫で作って、
直接ゴロゴロと突っ込んで育てています。
そよ風を当ててあげると機嫌が良くなるようなので、
ファンで常に水槽内の空気を動かしています。

Re: Nepenthes villosa ネペンテス ヴィローサ - 藻岩山

2019/03/30 (Sat) 20:04:52

蔓が結構長―く伸びるのが印象的な感じです。

Re: Nepenthes villosa ネペンテス ヴィローサ - 藻岩山

2019/03/30 (Sat) 20:06:22

最近ついたばかりの新しい袋です。
袋は、丸みを帯びた形と赤い色、
キバのあたりのガラス細工みたいな透明感が特徴的な感じです。

Re: Nepenthes villosa ネペンテス ヴィローサ - 藻岩山

2019/06/16 (Sun) 10:56:56

最近膨らんできた新しい袋です。

Re: Nepenthes villosa ネペンテス ヴィローサ - 藻岩山

2019/06/16 (Sun) 11:07:44

キバみたいな部分は、
最初は内側に折り畳まれている感じです。

Re: Nepenthes villosa ネペンテス ヴィローサ - 藻岩山

2019/06/16 (Sun) 11:15:48

蓋が開いた後の様子です。
キバ系ネペンテスですが、形が丸っこいので、
アンプラリアなどのように割と可愛らしい感じもします。

Re: Nepenthes villosa ネペンテス ヴィローサ - 藻岩山

2019/06/16 (Sun) 11:28:53

蓋が開くと内側に収納されていたキバの部分が、
外側に開いて来る感じです。

Re: Nepenthes villosa ネペンテス ヴィローサ - ゆう

2019/06/17 (Mon) 14:04:06

調子良いですね!
うちは冬場に過湿で枯らしてしまいました。

冷涼多湿環境完成! - ゆう

2019/05/25 (Sat) 01:31:49

冷蔵ショーケース栽培を始めて試行錯誤を重ねて2年
やっと冷涼多湿の環境が安定しました!

いつもは冷蔵ショーケースに入れたら枯れ上がってたD.ascendensとD.hirticalyxが、今年はめちゃくちゃ元気なので上手く環境が作れてます。
D.ascendensに関しては花芽が伸びてます。

冷蔵ショーケース内部はかなり特殊な環境なので、環境を作って安定させるには試行錯誤が必要ですが、一度環境が安定すると高山性ネペンテス、温帯高山ドロセラ、メキシカンピンギ、南米ドロセラなどの高山種がケース内にぶち込んでおくだけで夏でも簡単に安定して栽培できます。

今年で環境が安定したので、今年の環境作り~植物収納まで1時間で出来ました。

Re: 冷涼多湿環境完成! - ゆう

2019/05/25 (Sat) 01:34:21

D.ascendens

多湿なので実物を見ると粘液の粒が大きく宝石のようでとても綺麗ですが、写真じゃ伝わりません。

Re: 冷涼多湿環境完成! - ゆう

2019/05/25 (Sat) 01:35:53

D.hirticalyx

突然の環境変化で多少ぐずつきました。
今まではこのまま枯れ上がってましたが、今年は回復してきて生育が安定してきました。

Re: 冷涼多湿環境完成! - ゆう

2019/05/25 (Sat) 01:38:14

D.binataたち

オーストラリア南東部~ニュージーランドのbinataは安全のために冷蔵ショーケース入りです。
やはり冷やした方が元気が良いです。

Re: 冷涼多湿環境完成! - ゆう

2019/05/25 (Sat) 01:39:29

D.binata Langwarrin

オーストラリア南東部のbinataです。
茂ってます。

Re: 冷涼多湿環境完成! - ゆう

2019/05/25 (Sat) 01:41:11

D.binata var binata small red form

New ZealandのD.arcturiなどと一緒に自生していると言われているbinata です。

Re: 冷涼多湿環境完成! - ゆう

2019/05/25 (Sat) 01:43:27

D.binata Tamboon Inlet

今年の春にY'sさんから購入したbinataです。

もともと根だけでしたが、発芽してから元気よく生育するまでが早いです。
もう花芽を出してます。

Re: 冷涼多湿環境完成! - ゆう

2019/05/25 (Sat) 01:45:56

N.aristolochioides New Location

去年の夏にGreen GrassさんにAWから代行輸入してもらった株です。

Re: 冷涼多湿環境完成! - ゆう

2019/05/25 (Sat) 01:47:29

N.dubia Malea

大きくなるのが早い!

Re: 冷涼多湿環境完成! - ゆう

2019/06/15 (Sat) 01:25:06

我が家の冷蔵ショーケース内の状態をご報告します。
現在我が家では冷蔵ショーケース内に
高山性ネペンテス(さまざまな標高が混在)
南米ドロセラ
温帯高山ドロセラ
メキシカンピンギ
D.binata
南アフリカドロセラ
ピグミードロセラ
が同居しております。

配置をいろいろ工夫して同居させていますので解説します。
※大前提として冷蔵ショーケースの性質上、光は横からしか当てることができません。我が家では少しでも光が効率よく当たるように、LEDを少し傾けて至近距離から照射しています。

上のケースの写真左側は南米ドロセラを2段重ねで置いており、LED2台を至近距離から照射しております。LEDを傾けているためこの場所が1番光が強いので、南米ドロセラの中でも特に光が必要なD.montana、D.villosa、D.graminifolia、D.ascendensがいます。この光でmontanaやascendens、graminifoliaが真っ赤になります。
上のケースの右側2/3は高山性ネペンテスと南アフリカドロセラが占めております。これらの日照は写真右側のLED1台と、左側のLED2台です。しかし、LED2台の光は2段重ねにした南米ドロセラの鉢で光量が調整されておりますので、葉焼けはおきません。葉が小さくなることもないので、ちょうど良い光に調整されているようです。
また、高山性ネペンテスもmuluensisやmacrophyllaなど光を好む種類はLEDの近くに置いてます。
また、上のケースはなぜか温度が高く、昼間は25度前後になるため、温度が割と高くても大丈夫な種類を置いています。

下の段の左側はやはり2段重ねにした南米ドロセラです。
LEDを傾けているため、上のケースよりも光が弱いです。そのため、南米ドロセラの中でも光がある程度弱くても大丈夫なD.graomogolensis、D.hirticalyx、D.camporupestrisがいます。
また、2段目にはP.laueana、D.unifloraがいます。
右側2/3は温帯高山ドロセラ、D.binata、D.フレキシカウリス、高山性ネペンテスが同居しています。これらの光源は右側のLED1台と、下のケースのみに斜め45度から光が当たるように設置したLED1台の計2台+上のケースと同じように2段重ねの鉢で調整された左側のLED2台の光です。
高山性ネペンテスとピグミードロセラは1番光が弱い南米ドロセラの鉢の真後ろに置いてます。
高山性ネペンテスの前に温帯高山ドロセラを置いており、1番光が当たる場所にD.binataの鉢を並べています。
また冷蔵ショーケースの性質上、下のケースは鉢を高くすると光が当たりにくくなるため、もともと湿度を保つために張っていた水を使ってbinataを腰水しています。
下のケースはなぜか上のケースよりも温度が低く、サーモスタットを23度設定で昼間は24度~22度になります。そのため、暑さに弱い種類を主に入れています。

この環境で高山性ネペンテスはどんどん袋を付け、南米ドロセラは真っ赤になったり太ったりしています。
また、温帯高山ドロセラは暑さでやられても回復する環境です。(今年は春が異常に暑く冷蔵ショーケースに入れるのが遅れて弱らせてしまいました)
D.binataも日照不足特有のふにゃふにゃした葉を出すこともなく上手く栽培出来ております。
冷蔵ショーケースという1つの空間でも、工夫次第では同居が可能と感じました。

Drosera schizandra 蒼魔空

2019/04/28 (Sun) 17:51:12

こちらではドロセラ シザンドラの栽培に関して
情報を共有できたらと思います。
目標はどなたでも栽培出来るように栽培方法を確定させる。自生地のサイズを再現することです。
よろしくお願いいたします。

Re: Drosera schizandra Y's Exotics URL

2019/05/05 (Sun) 15:57:11

シザンドラやアンドロメダは調子よく行ってても突然葉っぱが茶色くなって枯れ始めたりしますよね?
何なんでしょうね?時々空気を入れ替えるようにし始めました。

Re: Drosera schizandra - ゆう

2019/05/07 (Tue) 19:10:10

我が家のシザンドラの栽培方法について記載します。
毎年10月~11月になると枯れるので最近環境を変えて試行錯誤中なので、不備もあるかもしれません。

○温度
自生地ではさほど温度は上がらないようです。
うちの地域は海が近いため風通しが良く、夏の温度は35度とか37度になりますが直射日光が当たらない場所であれば涼しいです。なので、今まで夏は屋外の朝日のみ直射日光が当たる場所に置いておりました。
しかし今年は環境を変えたので、ほとんど直射日光に当たらない場所に置こうかと考えています。
冬は室内で温度をかけずに置いています(と言っても部屋自体が暖かく、今年のように暖冬だと10度前後になります)

○湿度
僕は今までシザンドラは密閉多湿かと思っておりましたが、自生地の動画と写真を見たり、そらさんがツイッターにあげているシザンドラの写真を見て、密閉多湿はあまり良くない感じました。
自生地は当然密閉環境なんかなく、空気の流れがある(通気がある)多湿が良いようです。
そらさんのシザンドラを見てる(研究材料にして申し訳ないです)と、どうやら根部の蒸れや過湿に弱いみたいで、特に温度が高い時など蒸れやすい時に、腰水しながら密閉するとダメみたいですね。
我が家では冬の低温期に水槽に密閉して入れても大丈夫なので、温度が低い時は密閉は大丈夫なようです。(ただし砂利植えにして腰水はしない)
我が家では現在ペットボトルを加工して通気しながら湿度を保てる容器に入れて様子を見ています。

○日照
我が家ではシザンドラに関しては、現在は日照は「熱を伴う光には当てない」と言うのに気をつけています。
自生地とはかけ離れますが実はシザンドラは冬であれば強光でも栽培できまして、南米系ドロセラのmontanaが真っ赤になるような日照でも育ちます。
強光にすると葉が小さくなりますが赤く色付いて綺麗になります。
しかし熱を伴う光(直射日光(特に夏)や蛍光灯)はダメで枯れた経験があります。
我が家で当てている強光というのは、水草育成用LEDです。
このLEDを今は結構近くから当ててますが、葉は光の影響で小さくなってますが大丈夫みたいです。
ただLEDも微妙に発熱するので、夏は避けます。
しかし前述したように我が家で秋に枯れるのは、もしかしたら夏の朝日に当ててたのが原因かもしれません。それか湿度が低下してきたからかもしれません。

○用土と肥料
我が家ではシザンドラは砂利植えです。
今2鉢ありますので、用土周りを変えてやっています。
1鉢は我が家で普段使用している基本配合土、もう1鉢は根腐れ防止のためゼオライトを混ぜてます。
また、シザンドラの自生地を見ると、落ち葉や枯れ木がたくさん落ちており、それらの影響で自生地の土は肥えていると判断しまして、1鉢には固形肥料を与えて様子を見ています。

○水やり
シザンドラの自生地は湿地ではないようです。
自生地であるウールーヌーラン国立公園のバートルフレア山の標高400m~700mの天気を見ると、いつも雨が降っているわけではないようです。今現在の予報では5月14日ぐらいまで晴れの日のようです。
そのため、土が乾く時期があると判断し、我が家ではとりあえずシザンドラは砂利植えにして、乾湿のリズムを付けて様子を見ています。
また、シザンドラは用土の乾燥に比較的強く、やや乾いても大丈夫なようです。(乾きすぎはダメですが)

Re: Re: Drosera schizandra 蒼魔空

2019/05/07 (Tue) 20:01:23

Ys様
お世話になります。
やはりその症状が一番シザンドラを枯らす原因とみて間違いないと思っています。
環境の見直しから恐らく用土の濡れすぎ、それ以上に通気が問題ではないかと睨んでおります。
用土の濡れすぎに関しては水苔で起こりやすいみたいでして自生地では湿地ではなくある程度湿り気を持ってる赤土であり、枯れ葉などが覆っているそうです。
通気に関しては全く気づきませんでしたが私が一番うまく作れていたときは衣装ケースの蓋を必ず開けていました。
引っ越してから完全に閉めてしまい、通気が悪くなり付着していた水滴などで枯れはじめるのではないかと思っています。
そこでこちらでは鹿沼にピート多目にを混ぜた砂利系にマグアンプを少量いれたものに変更しました。
完全に葉がなくなった株もありましたが、すこしづつ復活しています。
ですが、水苔でも前はうまく作れていたので用土の水分調整と通気がよければ問題ないと思います。

Re: Re: Drosera schizandra 蒼魔空

2019/05/07 (Tue) 20:06:17

ゆう様
お世話になります。
いつもシザンドラ談義に付き合っていただきありがとうございます。
私もゆう様の考えにほぼまとまっています。
水苔より、ピート単体、または砂利ブレンドが調整も楽であり通気をよくしやすかったです(水苔だと乾きすぎたりして弱らせてしまいました)
多湿密閉が基本の考え方になっているので、情報を集めて共有できればシザンドラの栽培はよりらくにできそうですね。
とりあえず我が家では親株の製作と子株あわせ1,000株をつくることに注力してます。

Re: Re: Re: Drosera schizandra - ゆう

2019/05/09 (Thu) 03:45:15

そら様

シザンドラをはじめ、アデラエやプロリフェラの多湿密閉はおそらくセファロタスのように「高湿度栽培」という情報が定着して生まれた考えかもしれませんね。
しかし実際はそれぞれ異なる場所に自生しています。
シザンドラはご存知の場所ですが、アデラエは新鮮な水が常に流れる滝の近くの岩場に自生しています。
そのためアデラエは用土の乾燥に弱く、シザンドラよりも湿度を好みます。
シザンドラの自生地は湿度は大体60%~90%で、湿地ではないですが晴れと雨を繰り返して乾湿のリズムが付いているかもしれませんね。

Re: Drosera schizandra 蒼魔空

2019/06/06 (Thu) 10:25:49

お久しぶりです。
だいぶましになりましたので投稿します。

Drosera anglica ナガバノモウセンゴケ - 藻岩山

2019/06/02 (Sun) 00:57:10

冬芽がほどけてきた、
先月の後半あたりのDrosera anglicaの姿です。

Re: Drosera anglica ナガバノモウセンゴケ - 藻岩山

2019/06/02 (Sun) 01:04:53

こちらは昨日の様子です。

Re: Drosera anglica ナガバノモウセンゴケ - 藻岩山

2019/06/02 (Sun) 01:09:59

anglicaの、
芽がほどけてからの成長スピードは、
食虫植物の中でもかなり早いように感じられ、

1週間くらい目を離していると、
あっという間に葉を展開していて結構驚く感じです。

Re: Drosera anglica ナガバノモウセンゴケ - 藻岩山

2019/06/02 (Sun) 01:21:33

ハエなどを捕えている様子も複数確認できます。

Nepenthes macrophylla ネペンテス マクロフィラ - 藻岩山

2019/03/30 (Sat) 19:52:03

室内用の普通のワーディアンケースで育てています。
真夏のみ、部屋のウィンドウエアコンを動かして、
ケースを設置している室温を、人の適温程度くらいには下げてあります。
加湿器やミスト装置の類は特に使っておらず、
ワーディアンケースの底に敷いた、水を張った浅いトレーの水面から、
自然に水が蒸発して生じる水蒸気で湿度が上げている程度の状況です。
夜間に、芽の部分や茎の部分にあまり水がかからない程度に、
葉の部分にだけ限定して多少霧吹きすることもありますが、
日中は葉の表面は乾いている感じです。
用土は、軽い鉢底石に、パーライトと硬質鹿沼小粒を混ぜ込んだもので、
鉢底石とパーライトが多めの関係で鉢の中がかなりスカスカで軽い状態になっています。
三角コーナーを使用していることと併せて、
根は物凄く空気に触れやすいような状態になっていると思います。
風を当ててあげるととても機嫌が良く、成長もよくなるように感じたので、
ファンで常にケース内の空気が動いている状態にしています。

Re: Nepenthes macrophylla ネペンテス マクロフィラ - 藻岩山

2019/03/30 (Sat) 19:54:00

つい先日できた新しい袋です。
大きく開口したギザギザの口が特徴的な感じです。

Re: Nepenthes macrophylla ネペンテス マクロフィラ - 藻岩山

2019/03/30 (Sat) 19:57:04

こちらは別株ですが、実生苗ということで入手した小苗です。
成長する様子としては、
段階的に急にポコンと葉が大きくなるような感じがします。

Re: Nepenthes macrophylla ネペンテス マクロフィラ Y's Exotics URL

2019/04/08 (Mon) 16:16:55

でかいですね~!

Re: Nepenthes macrophylla ネペンテス マクロフィラ - 藻岩山

2019/06/02 (Sun) 00:35:12

>Y's様

ここ2か月ほどバタバタと忙しくて、
返事を返せておりませんでした…。

マクロは、大きいほうの株が多分、
袋の大きさが15㎝くらいで、
小さいほうの株が多分、
袋の大きさは4㎝くらいといった感じです。

大きいほうの株は、オレンジっぽい色の袋で、
小さいほうの実生苗のほうは、
昔育てていた赤系のアンプを思い出すような、
かなり赤っぽい色味をしています。
あと口の部分に結構蜜が溜まっているみたいです。

実生苗は、
小さいながらも既に口がかなり大きくて割と涙型なので、
今後大きくなっていくとまた面白そうな感じです。

Re: Nepenthes macrophylla ネペンテス マクロフィラ - 藻岩山

2019/06/02 (Sun) 00:39:06

ボルネオの牙系ネペンテスは、
新しく出てきた新葉が、
独特の光沢があってとても綺麗なのが、
個人的に結構印象的です。

業務連絡 - 亜人

2019/05/27 (Mon) 13:54:35

先日EP便に便乗してN マキシマダーク×ビーチ2株を送ってもらった
者です。
無事に到着したのはいいのですが、
その後そちらとの電話が通じなくなりました。
そちら側以外とは普通に繋がります。
したがってそちら側に何らかの不具合が生じている可能性
があります。
長くなるようなので、取り合えず6/6着予定の注文は
キャンセルします。
(まだ、個体数各々の値段、合計額のやりとりが途中の
為)
秋のEP注文までには回復を願います。
それではまた。

Re: 業務連絡 - nepenthes

2019/05/28 (Tue) 11:36:39

統合失調症か老人性痴呆症の方ですか?

Y'sさんのせいにして明らかに場違いな書き込みをしてることを正当化しないでください。
見ていて大変不愉快です。
今すぐ書き込みを削除してください。

Re: 業務連絡 - 亜人

2019/05/31 (Fri) 01:26:16

>統合失調症か老人性痴呆症の方ですか?

ん?はずれ。

>Y'sさんのせいにして明らかに場違いな書き込みをしてることを正当化しないでください。

どこの部分が?

>見ていて大変不愉快です。

何も知らない第三者さんのこのような書き込みを見るのも
不愉快。

>今すぐ書き込みを削除してください。

削除しては意思が伝わらないと思うよ。
私はメール設定されていないネット喫茶でここを見ています。
つまり自宅でネットをやっていない。
携帯電話もしていない。
それらに使うお金をできるだけ植物に回したいからです。
他に連絡方法は手紙なども考えられますが、掲示板が
早いと思ったもので。
そうそう、削除ならこれを見た管理者様がすればいいこと
だと思います。
(よし分かった原因を究明した。削除。みたいな。)

それにしても周りから見て不愉快かな~?
事実をそのまま書いただけなのに。
あなたの考えすぎですよ。
私はスムーズにここで買い物がしたいだけですよ~。
あなたもそうでしょ?w

ではまた。

Re: 業務連絡 - ゆう

2019/05/31 (Fri) 01:32:40

ネット喫茶で登録出来るならYahooメールなどのフリーメールを登録して使用されてみては?
フリーメールであればOutLookを使用せずIEなどのブラウザから利用できます。
Y'sさんへは掲示板よりもメールの方が早く伝わりますよ。

リンク作り変え Y's Exotics URL

2019/04/28 (Sun) 16:23:04

長らく当HPのリンクを放置しています。
食虫植物を扱う方も増えてきておりますので紹介を兼ねてリンクに掲載していこうかと思っていますので掲載OKの方居られましたら是非ご一報頂ければと思いますのでよろしくお願いいたします。

Re: リンク作り変え - ゆう

2019/04/28 (Sun) 23:27:42

リンク掲載OKです。

Re: リンク作り変え Y's Exotics URL

2019/05/05 (Sun) 15:59:49

ゆうさんのページのURLを教えてもらえませんか?

Re: Re: リンク作り変え - ゆう

2019/05/07 (Tue) 17:53:03

Y's様

申し訳ございません。
意味を少し間違えて理解してしまい返信してしまいました。
サイトやブログは持っておりません。。。

球根ドロセラ等の分譲をします - 中村園芸 URL

2019/04/23 (Tue) 21:28:29

greengrass様、いつも掲示板を利用させて頂きありがとうございます。今年も数は少ないですが、食虫植物の分譲計画を立てています。詳しくは、当方のブログに書いていますので、興味のある方は見て下さい。

Re: 球根ドロセラ等の分譲をします Y's Exotics URL

2019/04/28 (Sun) 16:12:16

ブログ拝見しました!球根ドロセラの元気の良いこと!これは分譲が楽しみですね。
中村園芸ってドロセラ展に協力しておられる中村さん?なのでしょうか?

Re: 球根ドロセラ等の分譲をします - 中村園芸

2019/05/02 (Thu) 21:28:00

Y's様、ブログを見て頂きありがとうございます。当方は、福井県に在住していますので、ドロセラ展の中村氏とは関係がございません。地方に住んでいますと都心部の大きな食虫イベントに参加するのが困難なので、同じ境遇の趣味家の方々が入手できるように分譲を数年前から始めました。

Re: 球根ドロセラ等の分譲をします Y's Exotics URL

2019/05/05 (Sun) 15:58:47

大変失礼いたしました!とても植物が状態の良い感じだったので、これからもよろしくお願いいたします。

N.pulchellaの栽培法についての質問 - Y's様へ

2019/04/19 (Fri) 20:47:10

以前こちらで購入したN.pulchellaですが、新しい品種のようで詳しい栽培方法がわかりません。
現状維持していますが用土や栽培環境など詳しい栽培方法をご教授願います。

Re: N.pulchellaの栽培法についての質問 Y's Exotics URL

2019/04/28 (Sun) 15:59:05

新しいネペンテスを栽培し始めるときはまず自生地の標高を意識しましょう、用土については砂利でもミズゴケでも構わないと思います、この種は標高1300-1800mとのことなので温度的に15℃-30℃の範囲内なら行けると思っています、あとは湿度は高いほうが育てやすいと思います、湿度と言っても濡れるような環境ではなく空中に溶け込んだ湿度で高いほうが良いです加湿器で加湿も良いですが植物に霧が当たらないように工夫してください。


Copyright © 1999- FC2, inc All Rights Reserved.